トーチ翻訳サービス

熊谷市のご当地グッズ

猛暑を弱点ではなくポジティブに捉える熊谷市では、熊谷染日傘も販売されています。快晴率ナンバー1の地としてのPRも兼ねています。地元の伝統技術である熊谷染を日傘にしたこの商品は、自宅用はもちろん、お土産としても喜ばれることでしょう。藍染さくら、藍染あじさい、地付けにあじさい、新作の小紋染蝶さくらの計4種類が販売されています。シックで落ち着きのある色合いと、シンプルで控えめなデザインが特徴的な、大人の印象を与える日傘なので、幅広い年齢層の方々にオススメです。

 

さらに、暑さ対策のためのクールスカーフも販売されています。特殊な布でできていて、水を含ませて首に巻くだけで冷却効果を得られるもので、手軽で安全に使用できるため、お年寄りや小さなお子様にもオススメです。カラーは4種類あり、価格は1枚800円です。一度購入すれば、何度も使えるので、コストパフォーマンスにも優れています。

 

その他、市役所で購入できる「あついぞ!熊谷Tシャツ」があります。「あついぞ!熊谷」のロゴや、ご当地キャラクターのあつべえがプリントされたTシャツで、綿素材とメッシュ素材が選べます。また、カラーもメッシュ素材のTシャツは3種類、綿素材のTシャツは1種類が用意されていて、熊谷市のお土産にオススメです。サイズもSサイズからLLサイズまで用意されているので、多くの方が着られるようになっています。熊谷市を訪れた際はぜひ試してみてください。


熊谷市の特産物

日本各地にさまざまな稲荷寿司がありますが、埼玉県熊谷市の妻沼地区にあるのが聖天寿司と呼ばれる稲荷寿司です。熊谷市妻沼にある歓喜院が発祥とされる稲荷寿司で、歓喜院の別名、妻沼の聖天様にちなんで、この名前がついたと言われています。一般的に見る稲荷寿司よりも細長い形が特徴で、海苔を使用した巻き寿司とセットになって販売されていることが多いです。地域にあるたくさんのお店で購入することができ、特に特産物を多く取り扱う道の駅が狙いめです。

 

埼玉県の北部地域のご当地グルメとなっているのが、フライと呼ばれる鉄板焼きです。地元では軽食やおやつとして食べられているほど、さっぱりと手軽に食べられるフライは、お好み焼きとクレープの中間で、韓国料理のチヂミのようだと例えられます。お好み焼きの生地のように小麦粉が主な材料となっていて、具材には豚肉や長ネギ、イカなどの海産物が使用されます。お店によって具材の種類は異なるので、まさにお好み焼きのようなグルメと言えます。

 

お隣の深谷市と並んで特産物として全国に発信しているのがネギです。深谷ネギと呼ばれるブランドネギは、深谷市が地域限定のブランドネギとして認定したことで、他地域での生産ができなくなりました。そこで、深谷市と同じくネギの生産を盛んに行っていた妻沼地区では、妻沼ネギとして市場に発信するようになりました。また、農作物でいうと、熊谷市はニンジンが県内上位の生産量を誇っています。


熊谷市の観光ならここ!

繁華街にはたくさんの高層ビルや商業施設が立ち並び、多くの人でにぎわう熊谷市ですが、繁華街を抜けると、そこには住宅街や多くの自然、歴史が残る情緒あふれる町並みがあります。そんな熊谷市の、自然をメインとした観光スポットをご紹介します。

 

熊谷市江南地域に流れる荒川周辺の草原では、スズムシをはじめとして約29種類もの虫の鳴き声を聞くことができることで知られ、荒川押切虫の声は、日本の音風景100選にも選ばれている観光スポットです。風や川のせせらぎの音と虫の鳴き声が、貴重な自然の空気を感じさせてくれ、後の世代にも伝えることのできるよう大切に管理されています。

 

桜の名所として知られるのが熊谷桜堤です。江戸時代から守り続けられているこの熊谷桜堤は、さくら名所100選に入っており、市民はもちろん、他の地域からもたくさんの観光客が訪れるスポットとなっています。毎年開催されるさくら祭りでは、2kmの広範囲に植えられた500本ものソメイヨシノが、桜のトンネルを作り、たくさんの訪問者を魅了しています。

 

このように自然を大切にしている熊谷市では、ホタルの保護に関する条例が制定され、ホタルの生息地である水路などを保護重点区域として、ホタルの捕獲などを禁止しています。そのため、市内ではいたるところでホタルを見ることができると言われています。ホタルは生息できる条件が厳しいことでも知られており、このように街中で見られることは貴重と言えます。
熊谷まで観光に来たついでに、熊谷の風俗で遊んでみたいという方にはデリヘルがお勧めです。熊谷のデリヘルは店舗も多く、埼玉のデリヘルの中でも北部地域では本庄のデリヘルと並んでレベルの高さで評判です。